読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間蘇生だモラトリアム

考察が三度の飯より好きなゲーマーです 一応誰に見せても恥ずかしくないブログという名目です

恋愛が破れた先にだって友情は残り得る。

つぶやきぼやき

男女間の友情は成立するか?

恋愛観とか価値観とか人それぞれだとか、色んな人が色んなことを言って結論付けたがってる昔からの議題だよなあと思う。最近、友達が増えて、またふと考えた。そうしたら、自分なりに答えが出た。

そもそも、友情ってなんですかって話。

例えば、自分には異性の友達が何人もいるし、そういう意味では男女間の友情は成立するとは思ってるんだけど、それこそ、その異性の友達の中には、かつて好きだった人も含まれている。じゃあ、その人たちは昔恋愛感情を抱いてた、つまり友情からずれたことがあるから友達じゃないのかって言われたら、そんなことはないんじゃないかと問いかけたい。

それこそ友達を好きになったとして、そこまで築いていた友情は裏切られ、なくなったことになるのか?って聞かれると、首を傾げたくなる。

恋愛と友愛の違い - 人間蘇生だモラトリアム

いつかも、友愛と恋愛の違いを考えていたことはあったけど、それこそ友愛が恋愛に発展したからってその友愛が消えることはないんじゃないかなあと思う。

それこそ片方が友情しか感じてなくて、もう片方が恋をしてしまって、そのすれ違いによって裏切ってしまったとかそういう気持ちはもしかしたら生まれるのかもしれないけど、それこそ「好きでいること、好きでいたことを許す」という、ある意味で宙ぶらりんの上に成り立つ友情だってあっていいんじゃないかなあと思う。告白が破れた先で友情が拒絶されなかったところにしか存在し得ない、不思議な世界なのかもしれないけど。

なんでも人間と人間の関係を記号みたいに決めなくてもいいとおもってる。友達とか親友とか恋人とか、あって、友達以上恋人未満とかしかなくて、余りにも人間関係を表現する単語が日本語には少なすぎる。

「片想いされてるけど友達」とか「付き合って別れたけど友達」とか、ちゃんと向き合って互いが認め合えば、恋も愛も友情の足枷にはならないと思った。

身近な友達を見ていてそう思った。家庭を築く為のけじめとして、元カレとか元カノとか縁を切らなきゃならないのかなあって思っても、やっぱりその根底に始まりの部分に友情が存在したらそんな悲しいことはしなくていいんじゃないかなあと思う。

ずっと自分だけが片想いし続けてて向こうが友達としか思ってくれなくても、別にそれは裏切りでもなんでもなくて、あなたがそうやって友達を演じ続ける間にでも友情は育まれてるものだから、その信頼は裏切らないで財産として残り続けると思うよ。

友達の彼氏や彼女と仲良くなったからって、それはそれで叛逆でもなんでもないし、そういう形での友情なんだよ。友情って形付けたくないし違うのかもしれないけど、人間の関係性としては確かに存在している。そのために必要なのはやっぱり信用と信頼と人を愛することなんだと思う。裏切られることを怖がらないでというか、やっぱり裏切られたその時は信じた自分の責任なんだと思うし、思いたい。

男女間の友情とか言っちゃったけどLGBTの人もいるわけだし、そういう人たちも含めて、恋をしたからって、そして付き合って愛し合ったからって、そこに友情が存在してもいいんじゃないかなって思う。最中でも後でも。友情はどこにだって成立するような愛だと思ってる。友情だけじゃなくていいんじゃないかな。どこかに友情があれば、それだけで人は仲良くいられると信じていたい。