人間蘇生だモラトリアム

考察が三度の飯より好きなゲーマーです 一応誰に見せても恥ずかしくないブログという名目です

伝えたいことのタイミング

最近ブログに書くほど苦しむことがないので、なんとなくここがおざなりになってたし、ここまで書きながらやっぱり苦しかったりもやもやした時にここに書きにきているのだなと思った。楽しいこと書いて生きたいね。

でも、継続しなきゃ!っていう義務感で運営してるわけでもないので、なんとなくつらつらと書きたくて来ました。ここに書くことがない方が健康体なのかも。でもやっぱり書きたいなって時はなんかもやもやしてるから書きに来てるのかもしれないね。

 

フットワークがアホみたいに軽いことは自覚してるけど、いつでも何かのために動けるように、余裕持って生きようとしてるのはある。いつでも選択肢が広がって色々選べるように、一つだけの行き止まりに追い詰められないように。

都合がいいっていうか、都合のつく人間でありたい。何が起こるかわからない時にそのチャンスを逃したくないし、いつ起こるかわからない運命の瞬間のための確率論をあげるような、地道な賭け事が好きだ。劇的なドラマは日常の延長線上にあるのかもしれないって思う。

 

周りの目を気にしたり、どうせ自分はダメなんだって言ったりする人ほど、結局自分のことしか考えてなくて、周りを見てない視野狭窄人間なんだな〜って、周りを見たりとか昔の自分を思い出してそう思う。

周りをある程度見て大切にした方が、結局は自分も生きやすくて周りも大切にできるんだなってすごく感じるし、それがチャンスの種を蒔くことに繋がるから、人と話すのがすごく楽しい。人との繋がりをいつだって何より大切にしたい。

 

誰かに何かを伝えたいとき、それはダメだよって言うんじゃなくてこうした方がいいんじゃない?とか選択肢を撒くようにしたいし、その方がこっちも怒らなくて済むから付き合いが楽になった。

関係性としてあまり変わらない気がしてるけど、でもやっぱり期待はしてしまうし、なんとなく、擦り合わせのようなものが生まれてる気もするし、それでも諦められないばかなままだから、このまま突き進んでいいかなって思った。今が苦しいなら今、伝える方が楽だ。どうせ、つらいままなのならば。

ずっとずっと死にたかった自分が、生きてみたいなって思ったきっかけが、とりあえずは目の前にいる限り、その人と関わることで自分が幸せな気持ちになれるなら、今は最大限幸せになりたいよ。

自分のエゴで自分が幸せな気持ちになりたい。そのために最大限やりたいことやるし言いたいことは言う。返ってこなくて悲しいけどそれでも返って来てほしいと思って繰り返す。それだけだなあって。

 

どうしても伝えたいことがあって、それを言うタイミングをなんとなく逃したまま、まだずっといる。いつか伝えられたらいいなとほんとに思う。というか、伝えるし、伝えられる気がするかな。

伝える!って思って伝えるんじゃなくて、どこかの些細な一瞬を掴むために、ただひたすら選択肢を増やして待って、見極めたいと思う。伝えたいと思って伝えようとがんばりたい。責任なんていらないし取らなくていいんだよ。それだけ言いたい。覚えていられるかな。忘れないといいな。

それまではとりあえず側にいたい。